【不動産投資】リヴトラスト「不動産投資クラウドファンディングを投資のきっかけにしたい」
  • ホーム
  • インタビュー
  • 【不動産投資】リヴトラスト「不動産投資クラウドファンディングを投資のきっかけにしたい」

インタビュー

今が買い時!?皆さんが気になる
今後の不動産市況を読み解くアイデアを解説!

日付2019.07.17

不動産業界20年の株式会社○○○○の○○○○○社長にインタビューしました。今後の不動産業界の読み解くアイデアと方法を尋ねてみました!

  • Share:
  • facebook
  • twitter

日付2019.07.17

◯◯◯◯◯◯

株式会社◯◯◯◯ 代表取締役社長◯◯◯◯◯◯

セミナーを通して、"正しい不動産の知識"をみなさまにお伝えし、より資産性が高く、より収益力のある物件をお届けし、"健全な資産運用"をご提案しています。セミナーを通して、"正しい不動産の知識"をみなさまにお伝えし、より資産性が高く、より収益力のある物件をお届けし、"健全な資産運用"をご提案しています。
セミナーを通して、"正しい不動産の知識"をみなさまにお伝えし、より資産性が高く、より収益力のある物件をお届けし、"健全な資産運用"をご提案しています。

LIV+

都心部の中古マンション価格と連動、今後は下落傾向に?

Q不動産投資への関心が高まっている理由は何でしょうか

以前にお話しした通り、不動産市場の「3極化」はますます鮮明なものとなります。「価値が落ちない・落ちにくい不動産」「ダラダラと下落を続ける不動産」「無価値・マイナス価値の不動産」といった具合です。

今年7月には統計局の空家調査(住宅・土地統計調査)の結果が公表されますが、この時おそらく全国の空き家数は1000万戸を超え、空家率は17パーセント程度になっているはずです。「都心」「駅近・駅前・駅直結」「大規模・タワー」といったワードに象徴されるマンションは強い一方、「駅から遠い」など利便性が相対的に劣る不動産ほど極端に弱くなり、都市郊外でも一部では「いくらで売り出しても売れない」といったものも出てきそうです。

空き家問題といえば、これまでは一部地方の問題と受けとられてきた節もあります。しかし今後は、高度経済成長期に、団塊世代を中心として人口ボリュームゾーンが一挙に高まった、かつてのいわゆる「ベッドタウン」と呼ばれるところで、人口減少に見合う流入のないところは、かなり厳しそうです。

img
LIV+

都心部の中古マンション価格と連動、今後は下落傾向に?

Q不動産投資への関心が高まっている理由は何でしょうか

以前にお話しした通り、不動産市場の「3極化」はますます鮮明なものとなります。「価値が落ちない・落ちにくい不動産」「ダラダラと下落を続ける不動産」「無価値・マイナス価値の不動産」といった具合です。

今年7月には統計局の空家調査(住宅・土地統計調査)の結果が公表されますが、この時おそらく全国の空き家数は1000万戸を超え、空家率は17パーセント程度になっているはずです。「都心」「駅近・駅前・駅直結」「大規模・タワー」といったワードに象徴されるマンションは強い一方、「駅から遠い」など利便性が相対的に劣る不動産ほど極端に弱くなり、都市郊外でも一部では「いくらで売り出しても売れない」といったものも出てきそうです。

空き家問題といえば、これまでは一部地方の問題と受けとられてきた節もあります。しかし今後は、高度経済成長期に、団塊世代を中心として人口ボリュームゾーンが一挙に高まった、かつてのいわゆる「ベッドタウン」と呼ばれるところで、人口減少に見合う流入のないところは、かなり厳しそうです。

img

以前にお話しした通り、不動産市場の「3極化」はますます鮮明なものとなります。「価値が落ちない・落ちにくい不動産」「ダラダラと下落を続ける不動産」「無価値・マイナス価値の不動産」といった具合です。

今年7月には統計局の空家調査(住宅・土地統計調査)の結果が公表されますが、この時おそらく全国の空き家数は1000万戸を超え、空家率は17パーセント程度になっているはずです。「都心」「駅近・駅前・駅直結」「大規模・タワー」といったワードに象徴されるマンションは強い一方、「駅から遠い」など利便性が相対的に劣る不動産ほど極端に弱くなり、都市郊外でも一部では「いくらで売り出しても売れない」といったものも出てきそうです。

空き家問題といえば、これまでは一部地方の問題と受けとられてきた節もあります。しかし今後は、高度経済成長期に、団塊世代を中心として人口ボリュームゾーンが一挙に高まった、かつてのいわゆる「ベッドタウン」と呼ばれるところで、人口減少に見合う流入のないところは、かなり厳しそうです。

残り445文字

会員登録この続きは会員登録(無料)すると読むことができます。

既に会員の方はこちらからログイン

お電話でのお問い合わせ先

03(5414)1100

03(5414)1100

受付時間: 10:00~19:00(土日祝日除く)

メールでのお問い合わせ先

お問い合わせフォームはこちら

不動産に関するご質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください

Contact

資料請求・無料相談
資料請求・無料相談
ページ上部へスクロール