総合的な魅力を兼ね備えた街「日本橋」

コラム

総合的な魅力を兼ね備えた街「日本橋」

日付2020.04.28

LIV+

総合的な魅力を兼ね備えた街「日本橋」

日本橋とは一体どんなエリアかご存じでしょうか? 江戸時代まで歴史を辿ると、幕府開府とともに城下町として急成長を遂げたのが、この地域です。

PROFILE

株式会社リヴトラスト

株式会社リヴトラスト

不動産投資コラム

株式会社リヴトラスト

株式会社リヴトラスト

不動産投資コラム

LIV+

失われた活気から再生を遂げた日本橋

日本橋とは一体どんなエリアかご存じでしょうか?

江戸時代まで歴史を辿ると、幕府開府とともに城下町として急成長を遂げたのが、この地域です。当時は120万人もの人々がこのエリアで生活をし、地域のシンボルでもある「日本橋」を中心に商人や職人が集まることで比類ない繁華街として発展しました。

しかし、1923年の関東大震災によって魚市場が築地へと移転、1945年の東京大空襲をきっかけに日本橋に住んでいた住民が郊外へ移住。バブル崩壊と共に一定期間、日本橋の活気は失われていきました。そんな中、2004年からは三井不動産による日本橋再生計画がスタートし、古き良き文化を残しつつ、新しい文化を取り入れた街に変貌していったことで、日本橋は住む場所としても、観光地としても人気のエリアへと生まれ変わりました。それでは日本橋はどのようにして復興していったのでしょうか?


LIV+

日本橋のこれまでの再生とこれからの再生

まず日本橋再生計画の皮切りとして、2004年に「COREDO日本橋」が開業しました。当時この商業施設について書かれた記事を見てみると、『3月30日、日本橋1丁目ビルに商業ビル「コレド日本橋」が開業した。この土地は、平成11年1月末に東急百貨店日本橋店が閉鎖した場所である。地元では、コレド日本橋の開業で、日本橋の再興に弾みがつくことを期待している。日本橋は金融の中心地であるがゆえに、バブル崩壊後の日本経済の低迷を象徴するように地盤沈下した。日本橋のまちは再興するか、都市再生のモデルケースとして注目が集まっている。』(参照:日本総研 コラム「研究員のココロ」)と書かれています。日本橋はバブル崩壊後、活気を失った他の都市の再生計画も進む中で、復興のモデルケース、先駆けとして注目されていたのです。

「COREDO日本橋」に続いて2004年10月には「三越本店新館」が竣工、翌2005年には日本橋のランドマークとなる「日本橋三井タワー」が竣工し、歴史的な建造物だけでなく近代的なオフィスビル、ショップ、カフェも立ち並んでいくことで、総合的な魅力を持つエリアへと発展することができました。そして、この再生計画は現在竣工中のものだけでなく、2020年以降に竣工予定のものも多数あり、例えば2025年には49階建てのオフィスビル、2032年には36階建てのオフィス・ライフサイエンス産業新施設の竣工が予定されているため、今後もまだまだ開発が進み、働く世代が集まる地区と言えるでしょう。

人口の推移を見ても、2009年以降の10年間で約12,000人増加、特に単身世帯は人口の65.9%、64歳以下が人口の約87%を占めているため、働く一人暮らしの人が多く生活をしているエリアであることが分かります。


LIV+

常に最先端を行く日本橋に注目

日本橋は一昔前から、大企業や老舗店、住宅街が入り混じる多様性に満ちた街です。更地からの開発ではなく、歴史的な建造物を残したままに近代的な建設が進み、企業だけでなく、大学、NPOなど、多様な主体が参加する場所となったため、住む人、働く人、観光する人それぞれを惹きつける魅力ある街へと変遷を遂げました。

今後も開発の最先端を行くエリアとして人々の注目を集め、都内で働く単身者の賃貸需要が絶えない場所として目が離せないでしょう。


LIV+

バックナンバーはこちら

駐車場経営VSマンション経営

日付2020.08.07

駐車場経営VSマンション経営

長期的な資産運用をとお考えの方は、不動産に興味がある方が多いのではないでしょうか…

老後のお金を貯めるには、早くから資産形成に取り組むのが鍵!

日付2020.08.06

老後のお金を貯めるには、早くから資産形成に取り組むのが鍵!

現役世代、特に20~30代の若年層にとって、老後の資金をどのように確保するかは非…

不動産投資の減価償却とは?

日付2020.08.03

不動産投資の減価償却とは?

今回のコラムでは、マンション経営における減価償却の基礎についてご紹介していきます…

お電話でのお問い合わせ先

03(5414)1100

03(5414)1100

受付時間: 10:00~19:00(土日祝日除く)

メールでのお問い合わせ先

お問い合わせフォームはこちら

不動産に関するご質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください

Contact

資料請求・無料相談
資料請求・無料相談
ページ上部へスクロール