品川開発プロジェクト

コラム

品川開発プロジェクト

日付2020.01.27

LIV+

アジアヘッドクウォーター特区へ高まる期待

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催まで残り半年。開催を目前に、東京の至る所で都市の再開発が行われています。中でも注目されているのが、品川駅から田町駅に至る広大なエリア、所謂「アジアヘッドクォーター特区」に新設される「高輪ゲートウェイ駅」の開発です。
山手線に新たに駅ができるのは1971年の西日暮里駅以来、実に約50年振り。
東京オリンピック開催と同年2020年3月14日の開業を目指し、2017年2月から着工が開始されています。山手線、京浜東北線を通る駅として既に多くの利用者が見込まれています。

新駅誕生を前に、改めて「高輪ゲートウェイ駅」が位置する「アジアヘッドクォーター特区」とは一体どんな街なのかご紹介したいと思います。

新築マンションポータルサイト『MAJOR7』の「住んでみたい街アンケート」(2019年9月26日発表)によると、1位「恵比寿」、2位「品川」、3位「目黒」。昨年に引き続き品川は2位にランクインしました。この結果から、いかに今品川が注目されているかが伺えます。


人気な街の理由として挙げられるのが、生活の利便性。 交通アクセスは言うまでもありませんが、生活に欠かせない商業施設の充実さが品川の大きな特徴とも言えるでしょう。

元々東海道の宿場町「品川宿」があったこのエリアは、物流の拠点として数多くの歴史があり、それを受け継ぎながら現在は東海道・山陽新幹線の発着駅となっています。

品川駅には「ルミネ ザ・キッチン品川」「アトレ品川」の駅ビルがあり、2005年にはエキナカの「エキュート品川」も相次いで開業しました。また、2003年に駅前にショッピングセンター「ウィング高輪WEST」と「ウィング高輪EAST」が開業、商業施設の街として急速に発展していきました。


一方、2003年の東海道新幹線の品川駅開業により、改札の港南口が誕生したことで港南エリアも急速に姿を変えていきます。
三菱重工やソニー本社など、企業の高層ビジネスビルが数多く建設され、港南エリアは「ビジネスタウン」として変貌を遂げることになりました。現在、数多くのタワーマンションも建設されており、港南エリアの人口は今もなお増加しています。

PROFILE

株式会社リヴトラスト

株式会社リヴトラスト

不動産投資コラム

株式会社リヴトラスト

株式会社リヴトラスト

不動産投資コラム

LIV+

新駅「高輪ゲートウェイ」の需要

「高輪ゲートウェイ駅」は「グローバルゲートウェイ品川」をコンセプトに、 2024年頃のまちびらきを予定している新しい街の核として、東京と世界をつなぐ玄関口となることを目指し、命名されました。

JR東日本は、品川駅から品川新駅、田町駅に至る開発エリアを「グローバルゲートウェイ品川」と名付けており、やがてこの地域が「首都圏と世界、国内の各都市をつなぐ広域交通結節点としての役割」を果たすと考えているそう。新駅の誕生後の2027年には名古屋までの間で開業するリニア中央新幹線の始発駅となることも決まっているため、首都圏の玄関口としての役割を担っていきそうです。

さらに品川駅からは、京浜急行で羽田空港国際線ターミナル駅までわずか12分。また2020年に向け、国土交通省が羽田空港の国際線増便への取り組みを行っており、さらなる需要増加が期待できると言われています。


新駅の設計は、新国立競技場の設計も手掛ける世界的に有名な建築家、隈研吾(くまけんご)氏。全体的に「和」を基調としたイメージで現在建設を行っています。


その新駅が建設される広大な敷地は一体どこなのか。

建設スペースは、元々車両基地として利用されていた広大な場所です。2015年のJR上野東京ラインの開通に伴い、基地機能の一部を他の車両基地に移転。さらに車両基地を120メートル東側に新設したことから旧車両基地のスペースができ、その場所に新駅の建設を行っています。田町駅~品川駅間はJR山手線の駅間で最も長い区間で、さらなる利便性の向上が見込まれます。


LIV+

新駅周辺はどう変わるのか

新駅の建設と同じく注目されているのが、新駅周辺や駅前の開発も同時に行っています。新駅周辺で開発される予定のエリアは、駅を合わせて約13ヘクタールほどあり、東京ドーム約3個分の大きさにもなります。六本木ヒルズの開発区域が約11ヘクタールですから、これまでにない大規模な再開発となる見通しです。

この広大な土地に、オフィス用ビルやホテル、商業施設など高層ビル7棟の建設が予定されているほか、基盤整備を都市再生機構が担当。また、2020年のオリンピックに向けて、パブリックビューイングスペースを設けるなど、多くの人を招き入れるスペースとして検討されているよう。


また、建設中の品川新駅から徒歩数分のところには、都営地下鉄浅草線の「泉岳寺駅」があります。再開発で建設されるビルの地下を利用し、ホームが拡張される計画となっており、泉岳寺駅も新駅同様、利便性の向上が見込まれます。浅草線は京浜急行、京成電鉄の2線の乗り入れをしており、羽田空港と成田空港を直結する唯一の鉄道路線です。2つの国際空港を結ぶ鉄道が通り、地方への鉄道アクセスとも連携しやすいこのエリアは、今後首都圏と世界、国内の各都市を結ぶ「グローバルステーション」となりそうです。


品川新駅周辺の再開発は2024年に全貌が完成するとされています。時間をかけて新しい駅と街づくりが予定されています。今から完成が非常に待ち遠しいですね。


LIV+

バックナンバーはこちら

サラリーマンに人気の副業

日付2020.10.30

サラリーマンに人気の副業

厚生労働省から平成29年に「働き方改革実行計画」が発表されたことで、職場環境が改…

不動産投資が生命保険の代わりに?団体信用生命保険のコストを検証!

日付2020.10.27

不動産投資が生命保険の代わりに?団体信用生命保険のコストを検証!

なぜ「不動産投資は生命保険の代わりになる」と言われているのでしょうか。その理由の…

「収益源泉」を見極めて選ぶ 資産形成におすすめの金融商品

日付2020.10.22

「収益源泉」を見極めて選ぶ 資産形成におすすめの金融商品

将来のために資産形成を始めようと考えた際、どんなものに投資するのがいいのでしょう…

お電話でのお問い合わせ先

03(5414)1100

03(5414)1100

受付時間: 10:00~19:00(土日祝日除く)

メールでのお問い合わせ先

お問い合わせフォームはこちら

不動産に関するご質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください

Contact

資料請求・無料相談
資料請求・無料相談
ページ上部へスクロール