新着最新のリーテック市場 Part1

コラム

新着最新のリーテック市場 Part1

日付2019.08.15

LIV+

スマホだけで賃貸契約

※リーテックとはReal Estate Technologyの略で、直訳すると「不動産テクノロジー」です。 不動産事業にIT技術を活用することを意味しています。今回から最新のリーテック市場の情報をコラムにてお届けしていきたいと思います。


ビットフライヤーブロックチェーンと住友商事が不動産事業で業務提携、賃貸借契約書と重要事項説明書の2点を電子書類化する事が発表されました。2020年中に一般ユーザーへ提供する予定です。ビットフライヤーブロックチェーンとは仮想通貨交換業のビットフライヤーの子会社で、ブロックチェーン関連事業を手掛ける会社です。7月23日、ブロックチェーンを活用した賃貸住宅の契約プラットフォームを共同開発することを発表、賃貸契約の完全電子化を目指しており、ビットフライヤーブロックチェーンが開発する法人向けブロックチェーン「ミヤビ」に、契約者情報や契約状況などを記録します。ブロックチェーンの高い改ざん耐性の下、契約の自動化や可視化を行えるのがメリットのようです。賃貸物件を借りるユーザーは、スマートフォンアプリから物件の内見予約、本人確認書類のアップロードや契約締結など、各種手続きをするだけで賃貸契約が完了するようで、貸主や仲介会社にとっても、事務手続きや日程調整などの効率化につながるようです。

PROFILE

株式会社リヴトラスト

株式会社リヴトラスト

不動産投資コラム

株式会社リヴトラスト

株式会社リヴトラスト

不動産投資コラム

LIV+

ネット大手アマゾン、リーテック業界にいよいよ進出

米ネット大手アマゾンは米国の大手不動産会社リアロジー・ホールディングスと提携し、「ターンキー」と呼ぶ住宅購入支援サービスを始めるようです。リアロジー社とは、「センチュリー21」「ベターホームズ&ガーデンズリアルエステート」「コールドウエルバンカー」「サザビーズインターナショナルリアルティ」などのブランドを傘下に持つ米国最大手の住宅不動産会社で、サービスの内容は、アマゾンのeコマースサイトで購入希望者と、リアロジー傘下のこれら不動産会社と契約するエージェント(資格を得た個人の不動産業者)をマッチングさせるというものです。売買成立後は顧客が入居する際、引越関連の各種ホームサービスやスマートホーム機器を提供し、それらの設置作業も行います。またそのほかにも、ハウスクリーニングや家具の組み立て、荷解き、ハンディマンサービスなどのサービスもおこない、提供する機器は「Echo」シリーズのAIスピーカーやスマートディスプレー、スマート玄関ドアチャイムなどがあるとのことです。


LIV+

ブラジルのクレジタス社、ソフトバンク主導で250億円調達

ブラジルのフィンテック企業「Creditas(クレジタス)」は7月10日、ソフトバンクの主導で2億3100万ドル(約250億円)を調達しました。クレジタスは不動産等の担保付きローンのオンライン貸付から事業を開始し、現在では消費者向けに複数のローンを提供しています。同社の企業価値は7億5000万ドル(810億円)とされ、サンパウロ本拠のクレジタスは、新たな資金でメキシコなどに進出し、住宅や自動車ローンなどの新商品の開発を進めています。同社の創業者のセルジオ・フリオは「今後の成長には人材の確保が必須になる」と述べています。「当社はテクノロジーを用いて、ブラジルでの資金の貸付の在り方を変えてきた。与信にあたっては独自に開発したソフトウェアを用いており、AIを用いた効率化が必須になる」フリオによると、ソフトバンクの支援を受けられたのは、同社のデータ重視の姿勢が評価されたためだといいます。ソフトバンクはウーバーに加え、コロンビア本拠のオンデマンドの生鮮食品の宅配企業の「Rappi」や、ブラジルのフィットネス新興企業「Gympass」へも出資を行っており、このエコシステムに加わることは、クレジタスにとってかなり追い風になっているそうです。


LIV+

筆者まとめ

IT化が遅れていると言われている不動産業界ですが、徐々にIT、テクノロジーの波がきているようです。特に契約書関係が電子化されるのは煩雑な作業が多いと言われる不動産の賃貸契約において、良い流れだと思います。より効率化され業界としてもっと良くなっていけば良いですね。


LIV+

バックナンバーはこちら

駐車場経営VSマンション経営

日付2020.08.07

駐車場経営VSマンション経営

長期的な資産運用をとお考えの方は、不動産に興味がある方が多いのではないでしょうか…

老後のお金を貯めるには、早くから資産形成に取り組むのが鍵!

日付2020.08.06

老後のお金を貯めるには、早くから資産形成に取り組むのが鍵!

現役世代、特に20~30代の若年層にとって、老後の資金をどのように確保するかは非…

不動産投資の減価償却とは?

日付2020.08.03

不動産投資の減価償却とは?

今回のコラムでは、マンション経営における減価償却の基礎についてご紹介していきます…

お電話でのお問い合わせ先

03(5414)1100

03(5414)1100

受付時間: 10:00~19:00(土日祝日除く)

メールでのお問い合わせ先

お問い合わせフォームはこちら

不動産に関するご質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください

Contact

資料請求・無料相談
資料請求・無料相談
ページ上部へスクロール