40代は資産形成を急いだ方がいい理由

コラム

40代は資産形成を急いだ方がいい理由

日付2020.10.08

LIV+

40代は資産形成を急いだ方がいい理由

40代は、サラリーマンであれば責任のある役職についたり、収入が増えてきたりする年代です。それと同時に、子供の学費や親世代の介護費、住宅ローンなど、出費も増えてくる時期でもあります。そして、そろそろ老後が現実として視野に入ってきはじめ、豊かな老後生活のために資産形成を真剣に検討し始める年代でもあります。

今回は、そんな40代が資産形成を急いだ方がいい理由と、確実な資産形成の方法について紹介します。

PROFILE

株式会社リヴトラスト

株式会社リヴトラスト

不動産投資コラム

株式会社リヴトラスト

株式会社リヴトラスト

不動産投資コラム

LIV+

まだ間に合う?40代から始める資産形成

昨今、豊かな老後を過ごすために必要な金額が、年金以外に2000万円必要という話をよく耳にします。なかには、3000万円必要という説もあったりします。

老後に必要な資金というのは、その人のライフスタイルや家族の環境などにより様々なため、一様にいくら必要か?とは言えません。しかし、少なくても2000万円必要なのだとすると、40代で仮に貯金ゼロの場合、普通のサラリーマンが銀行への貯蓄のみで2000万円貯めるというのは、はかなり厳しいです。銀行の定期預金よりも利回りがいい投資信託で運用するとしても、30代と同じ感覚で始めると、老後に必要な資金を形成することは難しいでしょう。

もし、30代で投資信託での積み立てを始めていた場合、定年までの期間が長いので毎月少額の積み立てでも目標額を貯めやすいです。しかし、40代で始めると期間が短い分、積立額を大幅に増やすか、資金損失リスクの高いハイリスク・ハイリターンの商品で運用する必要が出てきます。そしてそれは、始める時期が遅れれば遅れるほど、積立額の増加や、よりハイリスク商品で運用しなければならない状況へと追い込まれていきます。


仕事やプライベートでは「まだまだ40代!」と言えますが、老後の資産形成という意味では一日でも早く始めたほうがいい年代だということを認識しておいた方がいいでしょう。


LIV+

リスクをとるか節約をとるか

資産形成を始めるのを急いだ方がいい40代ですが、しっかり計画を建てて正しく資金を運用すれば十分まだ間に合う年代です。それでは、具体的にどのような運用をすれば目標額を貯めることが出来るか考えてみましょう。

 

仮に定年を60歳とし、資産形成の目標額を2000万円とします。40歳で利回り3%の投資信託をスタートし60歳までの20年間で目標額を達成するには、約6.1万円を毎月積み立てる必要があります。因みに30歳スタートの場合は、積立額は約3.4万円のため、ほぼ倍の金額が必要ということになります。

では、積立額を30代と同じレベルの約3.4万円まで落とした場合、2000万円貯めるために必要な利回りはいくらかというと、実に7.9%の利回りが必要ということになります。積立額約6.1万円の場合と比較して倍以上の利回りが必要ということは、損失リスクも倍以上ということになります。


40代からの資産形成で最も気を付けなければならないのは、出来るだけ資産を減らさない運用を選ぶということです。試算した結果、毎月積み立てする額が思ったより大きいからと言って、積立額を低く抑え、利回りの高い高リスク商品で運用すると、思わぬ損失を被る可能性が高くなります。「定年になってみたら損失により元本を割っていた」なんてことになったら目も当てられません。積立額は多くなってもリスクを抑えた運用をすることが確かな資産形成をする上で鍵となります。


毎月61,000円の積み立てが必要なら、「何が何でも積み立てる」ことが大事です。

足りない分は、収入と支出のバランスを見直すなどして、生活を直接圧迫しないように捻出することで、できるだけ無理のない資産形成ができるよう検討してみましょう。


LIV+

収入と支出の見直しで余裕のある積み立てを!

積立額を増やすためには、収入を増やすか支出を減らすかのどちらかしかありません。収入を増やすためには、より高い給料が望める会社や職業に転職するか、副業を始めてみるのもいいでしょう。しかし、仕事を変えるということに抵抗がある方も多いかと思います。そんな場合は、支出を減らすことから検討してみるのも一つ。支出の中でも、毎月一定額払っているものを見直すことで、高い節約効果を期待できます。

例えば生命保険などの各種保険料。「保険は人生で3本の指に入るほど高い買い物」と言われています。仮に、一生涯保険を払い続けるタイプのものに、30歳から80歳まで毎月1万円払い続けていた場合、実に600万円も払うことになります。子供の進学・成人、自身の転職など、タイミングに応じて保険を見直し、無駄な出費を抑えてその分を貯蓄に回すことが大切です。


LIV+

おわりに

40代が資産形成を急いだ方がいい理由と確実な資産形成の方法について紹介しました。資産形成で大事なのは、いかに資金を減らさずに運用するか。定年までの期間を考えると、つい、高利回りの商品に目が行ってしまいがちですが、高いリスクを背負わなくても、収入と支出のバランスを見直して積立額を捻出することで、リスクの少ない運用での資産形成がまだまだ間に合う年代です。焦って無茶な運用をすることは避けて、慎重な投資を心がけましょう。


LIV+

バックナンバーはこちら

不動産投資が生命保険の代わりに?団体信用生命保険のコストを検証!

日付2020.10.27

不動産投資が生命保険の代わりに?団体信用生命保険のコストを検証!

なぜ「不動産投資は生命保険の代わりになる」と言われているのでしょうか。その理由の…

「収益源泉」を見極めて選ぶ 資産形成におすすめの金融商品

日付2020.10.22

「収益源泉」を見極めて選ぶ 資産形成におすすめの金融商品

将来のために資産形成を始めようと考えた際、どんなものに投資するのがいいのでしょう…

住宅ローン控除とは?

日付2020.10.19

住宅ローン控除とは?

住宅ローン控除をご存じでしょうか? 住宅を購入しようとしている人もいるかと思い…

お電話でのお問い合わせ先

03(5414)1100

03(5414)1100

受付時間: 10:00~19:00(土日祝日除く)

メールでのお問い合わせ先

お問い合わせフォームはこちら

不動産に関するご質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください

Contact

資料請求・無料相談
資料請求・無料相談
ページ上部へスクロール